人と星との関係は意外と深いので占星術という占いの方法が存在します

provenceweddingphotographer_1人は星からの影響を強く受けている生き物です。古くから伝わる四柱推命という占いにおいては、生年月日、生まれた時刻により過去・現在・未来を見ることができるといわれており、実際、さまざまな媒体で見かける占いにおいて、四柱推命が基盤となっているものも多くあります。

星の導きによって運命が決まっていくといっても過言ではありません。いつ生まれたか、どこで生まれたか、それらは人格を形成する場合において大きな役割をもっています。

星占いは朝のワイドショーのおまけなわけでも、ただその日の運勢を教えてくれるだけのものでもありません。生年月日だけで、その人の性格や気性、どういう人と相性がいいのか悪いのかまでだいたい決まってしまいます。

すなわち、生まれ落ちたその時点で、あらかたの運命は決まっていることになるのです。もちろん、生年月日のほかに、どういう環境で生まれ育ったか、ということも重要になります。

生年月日によって人格の基盤が整えられ、生まれ落ちた環境でその人の性格が完成されていくのです。注意していてほしいのは、運命は決められているからといって、それが「確定」ではないということです。

私たちはさまざまな選択の岐路に立たされるときがあります。どの道を選んだとしても、行動を起こしたのは自分自身です。成功するか、失敗するか、失敗してもそれを生かしていけるかどうかは、運命だけの力に頼るわけにはいかない自分の問題です。

仕事や、恋人、親友と、あらゆる巡りあわせを持った環境も、自分が行動を起こさなければ手に入らなかったものかもしれません。

運命を手繰り寄せるのは自分自身であり、掴みとり、可能性をかえることができるのも、自分以外にはないのです。

亡くなった人との会話で占いをする

イタコという職業が古代の昔からあるというのを知っていますか?すでに亡くなった人からのメッセージを代わりに受け取り伝えることで生きている人へその力を強いものに変えるための手助けをするのです。

身近な人が突然亡くなって、生きていく気力が薄くなってしまうことはよくある話しです。生きている人間は周りに居てくれる人の存在に依存して生活しているといっても過言ではないのですから、その依存している相手が突然そばに居なくなるというだけで心の安定が保てなくなってしまうのです。

その人の言葉を聞き取ることで心の安定や生活の充実を図ることが出来るという考え方からもその方法は時代を作ってきた勇将にも信じられてきた方法です。

自分の起源を知る人から情報を得る

そもそも自分の生まれてきた起源を知っている人に自分の行く末を聞いてみることでこの先にどのような未来を見出していけばいいのかを導いていくのです。

故人と対話をする能力は霊能力を持っている人にしかなしえないものであると考えられます。霊能力とは人によって様々ですが、無くなった人を自分に憑依させることで会話をする能力や、文字を使って伝える能力などがあります。

その能力は実は誰にでもあるものなのですが、その力の強弱の違いがあるので力の強い人間にしか霊能力があるということが出来ないのです。

霊的な観点での占いなので信じない人が多い

そもそも亡くなった人と会話をするなんてうそ臭い話しだと思うかもしれませんが、双子の感情がシンクロしたり、身近な人が亡くなるときに嫌な予感がしたりするのも科学では立証しがたい現象なのではないでしょうか。

誰でも一度はそのような感覚になることもあるでしょう。科学では立証できない不思議な現象である霊感を使った占いはどこまで信じるかはその人次第ということなのです。

もし電話占いサイト探しのお困りであれば、まずは電話占いウィル 未来予知を利用されることをお奨めいたします。アナタが求める占い師と出会うことができるはずです。